デジタルシャーマン・プロジェクト / Digital Shaman Project

デジタルシャーマン・プロジェクト / Digital Shaman Project

The “Digital Shaman Project” revolves around robots for domestic use wearing 3D-printed faces of deceased people, and manipulated with specially developed programs to imitate those people’s speech, behavior and other physical characteristics. The idea behind this is to propose a new form of funeral in which robots spend 49 days* after a person’s death with the members of his or her family. While the realm of alchemy and belief appears to be conflicting with that of science and technology, considering the common disposition of assuming and suggesting “something that is not here,” ICHIHARA proposes that both might in fact be very closely related, mutually compatible fields. Based on this idea, this project was conceived with the aim to propose new forms of prayer and entombment in this age of advanced science and technology.

『デジタルシャーマン・プロジェクト』は、科学技術の発展を遂げた現代向けにデザインされた、あたらしい弔いの形を提案しています。現段階では家庭用ロボット「Pepper」に故人の人格、3Dプリントした顔、口癖、しぐさを憑依させたものを開発しました。このプログラムは死後49日間だけPepperに出現し、49日を過ぎると自動消滅します。

※総務省異能vation制度を利用し、「デジタルシャーマン・プロジェクト」は特許を出願しました。

Concept Movie

Member

image

 

Artist, Director: Etsuko ICHIHARA
Application and Motion Development: Uco
Planning Support / Actress: Shiho SATO

Logo Design: Yurie HATA
Tablet UI Design: Manami INOSE
Photographer: Masashi KUROHA
Video Direction: Hiroshi TAKAI (Garage)
Videographer: Jinam/Akifumi Watanabe

Model: Naotaka FUJII, Shintaro NAKAJIMA, Etsuko ICHIHARA, Yamazaki SHISHI, GOMESS, Manami INOSE, Anne Ferrero

Support: Agency for Cultural Affairs, Japan (Project to Support and Nurture of Media Arts Creators) / INNOvation program from The Ministry of Internal Affairs and Communications

Web
http://digital-shaman-project.tumblr.com/

Prize

2017年:第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞(デジタルシャーマン・プロジェクト)
2016年:総務省 異能vationに採択(デジタルシャーマン・プロジェクト)
2015年:文化庁メディア芸術クリエイター育成事業 採択(デジタルシャーマン・プロジェクト)

TEDxTalk

Media(selected)

tumblr_inline_ob4hkiLK8R1qzbia6_500

故人がペッパーでよみがえり、テクノロジーで弔う「四十九日」」AFPBB,2017.08
デジタルシャーマン」という新たな弔いのかたち」TOKYO FM, 2017.08
弔いだってデジタル化 四十九日まではロボットで一緒に」AERA, 2017.08
Pepperがイタコに。意外な使い方に込められた壮大な構想とは サイエンスニュース,2016.01
「新発見アートバラエティ アーホ!」フジテレビ, 2016.02
「49日間 遺族寄り添うロボ」 – 朝日新聞, 2016.01.01
美術手帖 2017年1月号 – 「MEETING THE ARTIST – 期待のアーティストに聞く!」インタビュー
「AbemaPrime」AbemaTV, 2017.03
NHK Radio「Suppin!」
TOKYO FM「Feature School」
TOKYO FM「TIME-LINE」
J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」/『MORNING INSIGHT』
Nippon Broadcasting「ASA-Radi by Hidetsuu」
TBS Radio「AI radio Interest Familly」

image

EXHIBITION VIEW

NEWS

2018.2.22   Nikkei, the most-read business newspaper in Japan has featured Digital Shaman / 日本経済新聞の一面に掲載

image

2018.1.4   Exhibit  at “MECÂNICA – Japan Media Arts Festival in Aichi” / 文化庁メディア芸術祭愛知展「MECÂNICA」にて展示

“Digital Shaman Project” was displayed as main work at Japan Media Arts Festival in Aichi held in Nagoya city, Aichi Pref, JAPAN.

image

image

2017.9.26  Appeared  Japanese TV news program / テレビ朝日「スーパーJチャンネル」で紹介

introduced by “Super J Channel“, TV asahi

image
image

 

2017.3.14  Won the Excellence Award at the 20th Japan Media Arts Festival / 第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞

Digital Shaman Project won the Excellence Award at the 20th Japan Media Arts Festival, Entertainment Division in 2017.
Thank you so much.
デジタルシャーマン・プロジェクトが文化庁メディア芸術祭で優秀賞受賞をいたしました。これまでお世話になった皆様に感謝申し上げます。

image
image
image

2016.11.2 Chosen for the INNOvation program / 総務省「異能vation」に採択

Digital Shaman Project is chosen for the INNOvation program from The Ministry of Internal Affairs and Communications.
The purpose of this program is raising Ingenious people to breakthrough Japanese technology.
総務省「異能vaiton(独創的な人向け支援枠)」に「デジタルシャーマン・プロジェクト」が採択されました。

http://www.inno.go.jp/h28/adoption.php

image

2016.5.30   Talk at「TEDxUTokyo」/

東京大学安田講堂「TEDxUTokyo」にてプレゼンテーション

※Sorry Japanese only
2016年5月30日に東京大学安田講堂で開催された、TEDxUTokyoにて「デジタルシャーマン・プロジェクト」について、死のデザインについてのトークを実施しました。
YouTube: “Designing death – Etsuko Ichihara”

image
image
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA