デジタルシャーマン・プロジェクト / Digital Shaman Project

『デジタルシャーマン・プロジェクト』は、科学技術の発展を遂げた現代向けにデザインされた、あたらしい弔いの形を提案しています。現段階では家庭用ロボット「Pepper」に故人の人格、3Dプリントした顔、口癖、しぐさを憑依させたものを開発しました。このプログラムは死後49日間だけPepperに出現し、49日を過ぎると自動消滅します。

The “Digital Shaman Project” revolves around robots for domestic use wearing 3D-printed faces of deceased people, and manipulated with specially developed programs to imitate those people’s speech, behavior and other physical characteristics. The idea behind this is to propose a new form of funeral in which robots spend 49 days* after a person’s death with the members of his or her family. While the realm of alchemy and belief appears to be conflicting with that of science and technology, considering the common disposition of assuming and suggesting “something that is not here,” ICHIHARA proposes that both might in fact be very closely related, mutually compatible fields. Based on this idea, this project was conceived with the aim to propose new forms of prayer and entombment in this age of advanced science and technology.

member

image

Web
http://digital-shaman-project.tumblr.com/

Prize
2017年:第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞(デジタルシャーマン・プロジェクト)
2016年:総務省 異能vationに採択(デジタルシャーマン・プロジェクト)
2015年:文化庁メディア芸術クリエイター育成事業 採択(デジタルシャーマン・プロジェクト)

Media
Pepperがイタコに。意外な使い方に込められた壮大な構想とは サイエンスニュース,2016.01
「新発見アートバラエティ アーホ!」フジテレビ, 2016.02
「49日間 遺族寄り添うロボ」 – 朝日新聞, 2016.01.01
美術手帖 2017年1月号 – 「MEETING THE ARTIST – 期待のアーティストに聞く!」インタビュー
「AbemaPrime」AbemaTV, 2017.03

tumblr_inline_ob4hkiLK8R1qzbia6_500

 

exhibition at NTT inter-communication center[ICC]

170311_ICC 0094170311_ICC 0010 170311_ICC 0090

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です