ABOUT

市原 えつこ / Etsuko Ichihara

アーティスト、妄想監督。1988年、愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性から、国内の新聞・テレビ・Web媒体、海外雑誌等、多様なメディアに取り上げられている。主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》、虚構の美女と触れ合えるシステム《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》、家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ49日間共生できる《デジタルシャーマン・プロジェクト》等がある。 2016年にYahoo! JAPANを退社し独立、現在フリーランス。《デジタルシャーマン・プロジェクト》で総務省異能vation(独創的な人特別枠)に採択、第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞。「内閣官房オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査:文化を通じた機運醸成試行プロジェクト」としてISIDイノラボとの共同プロジェクトが採択。

写真撮影:吉次史成(美術手帖 ART NAVI)

Born 1988 in Aichi. Graduated in Studies of Media, Body and Image from the School of Culture, Media and Society, Waseda University. Has been creating artworks that interpret Japanese culture, customs and beliefs from a unique point of view, and present new, technology-based approaches. Thanks to their strong impact, these works have been introduced across a wide range of media, such as Japanese newspapers and TV programs, online media, and foreign magazines. Main works include “Sekuhara Interface,” a device featuring a seductively moaning radish; the “SRxSI system that substitutes reality with delusion” in which users can meet a fictional beautiful woman; and the “Digital Shaman Project” spending 49 days with household robots endowed with impressions of deceased people. Ichihara’s works were included in the Excellence Award at the 20th Japan Media Arts Festival, Entertainment Division in 2017, and in 2016, chosen for the INNOvation program from The Ministry of Internal Affairs and Communications.

【contact】
Twitter id : @etsuko_ichihara
Mail: mojarin@gmail.com

略歴 – CV

1988 愛知県生まれ
2011 早稲田大学文化構想学部 表象・メディア論系 デジタルメディア論ゼミ(草原真知子研究室)卒業
2011 Yahoo! JAPAN デザイナーとして入社
2016 フリーランスとして独立
2016 クリエーター専門事務所「QREATOR AGENT」所属
2016 ISID(電通国際情報サービス)イノラボ 外部パートナーに就任(Japanology Researcher)

受賞/採択 – Awards

2017:Won an Excellence Award at 20th Japan Media Arts Festival / 第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞
2016:Chosen for the INNOvation program from The Ministry of Internal Affairs and Communications / 総務省 異能vation(独創的な人特別支援枠)採択
2016:内閣官房オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査:文化を通じた機運醸成試行プロジェクトにISIDイノラボとの共同プロジェクトが採択
2015:文化庁メディア芸術クリエイター育成事業 採択(デジタルシャーマン・プロジェクト)
2014:第18回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品
2013:WIRED CREATIVE HACK AWARD ファイナリスト
2012:電子工作コンテスト ガジェットカフェ賞
2012:学生CGコンテスト 審査員賞(木村了子賞)
2012:東京都現代美術館「ブルームバーグパヴィリオンプロジェクト」メディア・パフォーマンス部門 準グランプリ

展示 –  Exhibition

2016  エマージェンシーズ!030 市原えつこ 「デジタル・シャーマニズム – 日本の弔いと祝祭」 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京
2016 「文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業 成果発表会」3331 Arts Chiyoda、東京
2015 「障害(仮)」鞆の津ミュージアム、広島
2015 「ツムテンカク」招聘展示、大阪
2014 「シブカル祭。2014」渋谷PARCO、東京
2014 「YEBISU ART PLACE」恵比寿ガーデンプレイス、東京
2013 「シブカル祭。2013フレフレ!全力女子!」渋谷PARCO、東京
2013 「インターネットヤミ市2」、東京
2012 「電子工作フェスティバル 受賞展示」3331 Arts Chiyoda、東京
2012 「学生CGコンテスト受賞展 Campus Genius Meeting」MIRROR、東京
2012 「インターネットヤミ市」TRANS ARTS TOKYO、東京
2012 「ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト」東京東京都現代美術館、東京

メディア – Media

オンライン記事(抜粋)- Online media

Au Japon, les radis chantent d’amour,  Libération, 2017.05
“クサいもののフタ”を開けるアート, 早稲田ウィークリー, 2017.03
市原えつこ氏とイノラボがナマハゲをリデザイン, 電通報, 2017.02
生命力のアーティスト・市原えつこ氏が「デジタル・シャーマニズム」で狙う新たな葬いとは, PCwatch, 2016.02
話題のアーティストが独特の世界観で魅せる!市原えつこ「デジタル・シャーマニズム – 日本の弔いと祝祭 – 」, J-WAVE PIN-UP, 2017.01
『TOKYO CUTTING-EDGE CREATORS by Julie Watai』#3 : 市原えつこと考える、“人間性”とテクノロジーの融合 
Tokyo Girls Update,2016.05
【デジタルシャーマン武者修行記】 #1 市原えつこがテクノロジーで挑む「死と弔い」, SENSORS, 2016.01
Pepperがイタコに。意外な使い方に込められた壮大な構想とは サイエンスニュース,2016.01
市原えつこ「セクハラ・インターフェイス」のルーツを語る 【前編】性と身体を巡る表象とテクノロジーの出会い SENSOES,2015.05
おっぱいロボ爆誕 ソフトバンクPepperにセクハラする市原えつこさんが天才すぎて腹筋壊れた 週刊アスキー,2015.04
虚構のお姉さんに触れるだと…。妄想と現実を代替するシステム「SRxSI」(動画あり) GIZMODE,2013.12
喘ぐ大根が未来を変える!──「セクハラ・インターフェース」開発者インタビュー KAI-YOU, 2013.06
天才か馬鹿か?「あぁ~ん」と喘ぐ大根の制作者を直撃 日刊SPA!, 2013.06
バーチャルをリアルへ。Arduinoなどの電子機器を使った驚きの作品から珍発明まで4連発!! white-screen.jp, 2013.01
【Video】 “Sexual Harassment Interface” Lets You Grope Moaning Radishes Rocket News, 2012.12
【A Woman Sexually Harassing a… Japanese Radish Kotaku, 2012.12
セクハラインターフェイス「だいこん」 ザイーガ, 2012.12
宴会ムードでしっかり未来をチラ見せ、それがAR忘年会 from AR三兄弟 WIRED, 2012.01

テレビ/ラジオ – TV program, Radio

「GOOD NEIGHBORS」ゲスト生出演,  J-WAVE, 2017.06
「toco toco tv」特集,  Nolife(フランス), 2017.05
「都市のナマハゲ」がNHK秋田局にて紹介: 五輪前に「ナマハゲ東京に現る」, 2017.04
Do you know 異能?」出演, TOKYO MX, 2017.04
「H.SCHOOL」レギュラーMC:ドミニク・チェン、市原えつこ, フジテレビホウドウキョク, 2017.04〜
「Abema Prime」生出演, Abema TV, 2017.03
DOMMUNE – ICCとメディア・アートの20年」2017.03
「ナミノリ!ジェニー」MC:ジャニーズWEST, MBS毎日放送, 2017.02
「月曜から夜ふかし」MC:マツコデラックス, 日本テレビ, 2016.10
「池澤あやかのデジタル部」楽天クリムゾンFM, 2016.07
「新発見アートバラエティ アーホ!」フジテレビ, 2016.02
「SENSORS」人工知能対談: 日本テレビ, 2015.11
「みえちゃったテレビ」MC:バカリズム、清水富美加、いとうせいこう、川田十夢 フジテレビ, 2015.10
「Event Navi」MC:大家志津香、ゲスト:ルー大柴、キュンチョメ TOKYO FM, 2014.10
新発見アートバラエティ アーホ!」 フジテレビ, 2014.05
B級ニュースSHOW「あえぐ大根」「人気AV男優」(他) テレビ東京, 2013.02
テレビ出演歴(gooテレビ)

新聞 – Newspaper

「49日間 遺族寄り添うロボ」 – 朝日新聞, 2016.01.01
「いびつな日本、アートで笑え」 – 東京新聞, 2014.08

書籍、雑誌 – Magazines

美術手帖 2017年1月号 – 「MEETING THE ARTIST – 期待のアーティストに聞く!」インタビュー
HER NAME IS – パルコ出版(作品掲載)
雑誌「FREECELL」 – プレビジョン(シブカル祭特集にてインタビュー)
タイのカルチャー雑誌「a day magazine」 – 「TOKYO GIRLS ARTISTS」特集にて取材
週刊プレイボーイ – 集英社(ニュース特集記事『Pepperのおっぱいロボを作った美人アーティストを直撃!』)

パフォーマンス – Performance

2014 「Tokyo Art Beat 10th PARY」展示、パフォーマンス
2014  「loftwork Christmas Party2014 – The Extensions of Man(身体の拡張)」
2011 「AR忘年会2011 不滅で進撃の三兄弟」出演

講演、司会等 – Lecture, MC

アーティストトーク「デジタルシャーマニズム」NTTインターコミュニ ケーション・センター [ICC]、 2017年1月29日 登壇者:市原えつこ、なかのひとよ 司会:畠中実(ICC)
早稲田大学「科学と芸術」ゲスト講義
「TEDxUTokyo “Vivid Vision”」東京大学 安田講堂 スピーカーとして登壇
「文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業 成果発表プレゼンテーション」3331 Arts Chiyoda
2015 ろくでなし子×市原えつこ 「怒り過ぎの世知辛い世の中でも楽しく自由に表現するには。」 『私の体がワイセツ?!』(筑摩書房)刊行記念@B&B
2015 「VRクリエイティブアワード@デジタルハリウッド大学」-「ペッパイ」と共に司会
2012 第三回ニコニコ学会βナイトセッション 夜のニコニコ学会β「ニッポンの恥性」主催・登壇
2012 「ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト」東京都現代美術館/アーティストトーク
2012 「第2回ニコニコ学会β」ナイトセッション登壇

イベント – Event

2015 「市原えつこのさわやか秘宝館」3331 Arts Chiyoda、東京

審査員 – Jury works

2015 触覚ハッカソン「ショッカソン」審査員
2016 宇宙ハッカソン「NASA Space Apps Challenge」 審査員

キュレーション – Curation

2016 テクノロジー奇祭「東京行灯祭」アートディレクション、川島商店街、東京